調剤薬局と考える かぜ薬に関する情報サイト

かぜ薬に関する情報サイト

風邪薬に入っている成分の副作用が起こりうるもんを項目として書き出してみてみましょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

・解熱鎮痛薬成分:市販の風邪薬には必ず含有されています。連用すると胃潰瘍・十二指腸潰瘍を誘発することがあります。肝、腎障害もありえます。
・鎮咳去痰薬成分:中枢神経に作用して咳を止める強力な成分が配合されていることもあります.
・消炎酵素薬成分:あまり副作用はないです.
・抗ヒスタミン薬成分:個人差がかなり大きいですが,眠気の副作用が強く出る方がおられます.
・ビタミン薬成分:あまり副作用はないです.

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

上記のなかで,比較的出やすい副作用としては,眠気ではないかと思います。「眠くなる成分」が含まれる製品を中心に眠気やだるさ(頭がぼーっとする感覚など)が表れることがある。これは体質や症状によって差が有るため服用してもまったく出ないこともある。重篤な副作用としては間質性肺炎・肝機能障害・アナフィラキシーショックや薬疹(スティーブンス・ジョンソン症候群・ライエル症候群)・喘息などの薬剤アレルギー症状、PPA含有製品による脳出血のリスク(後述)などがあります。

 

このため服用後は自動車など乗物運転・機械類の操作や飲酒は控えるべきであり、添付文書にも注意事項として記載されている製品が大数です。

 

薬局