インフルエンザと風邪薬の関係に関する情報サイト

インフルエンザと風邪薬の関係に関する情報サイト

古来「かぜは万病の元 (百病の長)」と言われるように、軽視することに対して警鐘も鳴らされています。かぜの治癒が遅れれば他のより重篤な疾患にかかりやすくなること、および一見かぜと症状が似ていても実際には他の重篤な疾患の初期症状であることを指すと考えられます。かぜ症候群に対してインフルエンザは呼吸器症状以外の症状が顕著で、かぜ症候群とは区別されます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

また、インフルエンザについては非常に有効な薬が開発されていますが、インフルエンザウィルスは細胞障害性が高いので、乳幼児、高齢者や肺機能が低下している人は特に注意が必要です。かぜ症候群とインフルエンザの見極めが重要になります。

 

いわゆる「風邪薬」と言われるものは、発熱や鼻汁、鼻づまりなどの症状をやわらげることはできますが、インフルエンザウイルスや細菌に直接効くものではありません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

症状がインフルエンザの可能性があるようでしたら、ご自身で判断して市販の薬を飲み続ける事はやめてください。 市販薬を飲み続けることにより逆に症状が悪化したり、最悪の場合は副作用が起こる可能性までも否定できません。手遅れになるまえに対処をオススメします。

 

薬剤師 就職