調剤薬局と考える 市販の風邪薬の特徴とはどのようなものか?

市販の風邪薬の特徴とは?

患者さんの自由意志で処方せんなしで購入できる薬を市販薬(大薬、OTC薬等とも呼ばれています)といいます。

 

原則として新規の成分は、医療用医薬品として承認申請されることになっていますので、市販薬は既存の成分で、一般の方が使用しても、有効性・安全性を確保できるような分量で設計されます。処方薬に対して市販薬は、ほとんどが複数成分の入った配合剤で、洋服に例えるなら既成服のようなものです。万人に使用可能なように、例えば市販薬の風邪薬はすべての風邪の症状に一つの薬で対応できるように設計してある場合が多く、症状によっては、不必要な、咳止めや喉の痛みを止める薬も入っている薬が多いのです。


光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

薬剤師 転職