調剤薬局と考える かぜ薬に関する情報サイト

風邪をひいたときに飲む薬の選び方

総合感冒薬を選ぶ場合は、解熱鎮痛成分に注目すると、選択肢を絞りやすくなる。風邪薬や解熱鎮痛剤の場合、解熱鎮痛成分によって大きな違いがあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

たとえば、家庭用常備薬として家族皆で使いたい場合、15歳未満の子供でも使える解熱鎮痛成分(アセトアミノフェン)の製品を、のどや関節の痛みがあり、おとなが服用する場合は、消炎効果の高いイブプロフェンという解熱鎮痛成分が入った製品を選びましょう。 種類の多さでいえば、胃腸薬や目薬なども風邪薬に負けず劣らず多彩です。箱に記載された効果・効能を読んでそれぞれ症状に適した製品を購入しましよう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

医薬品にはプラセボ効果といい、「これで治る」と信じることで効くことも少なくない。逆に「効くのかな」と疑うことで効き目が感じられなくなることも少なからずあります。事実、気にいった製品をずっと使い続けるヘビーユーザーが多いのは大衆薬の特徴でもあります。

 

その証拠に「大田胃酸」や「龍角散」「養命酒」「正露丸」などの伝統的なブランドが大衆薬には多くあります。最も、逆にブランドを気にせずに一番安い製品を選ぶ方法にも一理あります。

 

そもそも大衆薬に使われる有効成分には限りがあるため、同じ効果、効能であれば、使われている有効成分もほぼ同じで、効き目に大差はない。加えて、医薬品は食品とは異なり法律によって製造段階で厳しい品質基準が設けられ、メーカー間の品質の違いも少ない。

 

調剤薬局