調剤薬局と考える かぜ薬に関する情報サイト

かぜ薬に関する情報サイト

医師が処方する薬と市販のかぜ薬はどう違うの?と質問をよく聞きます。簡単に言ってしまうと医師が処方する薬には複合剤がない、ということです。

 

要するに鼻なら鼻、咳なら咳と症状に対して処方するので、どれもこれもいろいろな成分が入っている市販薬に比べると融通はききません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

かぜ症候群に処方する病院の薬と市販薬は、成分的には大きな違いはありません。病院は患者それぞれの症状に応じて、適した薬を処方するのに対し、市販薬は、さまざまな症状に有効な成分が配合されている「総合感冒薬」が多いようです。 ただし、発熱や咳、鼻水など症状に応じた市販薬もありますので、薬局の薬剤師に症状をよく説明して選んでもらうとよいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

市販薬に比べ、医師が処方した薬の方が効き目効果が強く現れます。そのためしっかりと服用方法を守らないといけません。効き目が強いという事は、副作用の可能性も上がってきます。大丈夫と思いこんで服用するのではなく、しっかりと薬剤師に服用方法の説明を受けて、安全に薬を飲みましょう。病院にて医師にしっかりと症状を伝えることができれば、菌に対して的確な薬を処方してもらえますよ。

 

薬剤師 求人