調剤薬局と考える 大切なお子様に飲ませる薬は良く選んで飲ませましょう!

お子様の風邪薬について

子供用の風邪薬として、たくさんの種類の風邪薬をみなさん見たことがあるのではないでしょうか? 大人用の風邪薬と子供用の風邪薬の大きな違いはあまりありません。 よく成分を見ると、大人用の風邪薬の1回分と変わらないのがわかります。

 

子供用の風邪薬の特徴としては、痛み、発熱、鼻詰まりや鼻水の症状を緩和する成分が含まれています。かぜに対してトータル的に効果を発揮するように調合されていることが多いようです。 また大人用に比べて子供用はお薬自体に味(イチゴなどのフルーツ)がついており、とても飲みやすくなっています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

私が幼少の頃には薬はおいしくないものとして認識があり、いつもがんばって飲んでいたような気がします。しかし最近では薬を飲むのが楽しいぐらいいろいろな味があり、なおかつパッケージに有名キャラクターを起用し、とても身近に感じられるものになって聞いております。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

ただ子供用の風邪薬を大人が飲むのは基本的に大丈夫ですが、逆は厳禁です。子供には必ず子供用の風邪薬を服用させてあげてください。成分は一緒でも薬の投与量は、基本的に体重に依存してきます。子供用の風邪薬は、規定されている1回分の量が大人より少く、あとは、のみやすいように味付けがしているだけです。成分が一緒だから大丈夫と勘違いされないようにしっかりと管理してください。

 

薬剤師 就職